CBTの勉強したくなすぎてこの間の修羅場から思ったことをつらつら書いてみる

 

 

このあいだの修羅場の記事から数日しか経ってないのですが、結局妖怪男とその彼女は破局して、被害者3人でディズニーに行くのでまぁハピエンではあるのですが、今回一番私が軽症だった理由を色々並べてみようと思います。いつも通り接続詞イカれてるから読みにくいと思うけどごめんね。

 

☆どうして虫歯はそこまで修羅場に巻き込まれなかったの?

・まず顔がかわいくない
うちの研究室の女子って可愛い子ばっかなんですよ。虫歯が彼女にしたいレベルの女の子がたくさんいる。だから選び放題。そりゃ私みたいなのにそこまでモーションかけないよなぁと思った。てゆかほんといつも思うけど私にとっての最大の敵っていつだって自意識(私実は最高に賢くかわいい人間なのでは?というクソみたいなうぬぼれが一定周期でやってくる)なのでいい加減にしろよ?と思った。
加えてトピックス立てるまでもないけとびっっくりするくらい仕草と口調が男寄りなのでまぁそりゃ虫歯めっちゃヤバイ案件だよな。

 

・包容力がない

包容力があるっていうと聞こえがいいけど結局尽くしてしまうタイプのだめんずウォーカーやん、って思う。私は全然尽くさないからアレだけど、相手に尽くさないと自分の価値がない、みたいな考えが残りの2人からは見えていたのでそれはあまりよくない思考なのではないかなぁと思いました。大概の人間は自分がいなくても代替人間を探してなんやかややっていきます。そうやって毎日地球は回ってるんや。でも自分には自分しかいないじゃん。自分の純粋でピュアピュアな心をがっちり鎧作って固めて悪意から守れるのって自分しかいないじゃん。だから究極追い込まれたときに自分より他人を優先するのはよくない。

 

・イエス&ノーがはっきり言える
男女問わず遊びに行く時に何食べたい?どこ行きたい?って言われた時、私はクソ女なのでなんでもいい、どこでもいい、を連発します。だってどこでも楽しいし何食べたって楽しいから。これは数多の恋愛指南サイトでは散々ディスられていることなので多分褒められたことではないのだとは思う。今のところ改善する気ないけど。
でも、逆に自分が何かしたい時って全力でプレゼンします。そしてその状況に見合った相手を男女問わず誘って遊びに行くことにしています。兎にも角にも自分の意志ははっきり示さないと妖怪はバスターできないよね。残りの2人にはそういうところが足りなかったのかもしれない。わからんけどね。

 

 

☆逆になんで虫歯は妖怪男をバスターしきれなかったのか?

・焦り
いやもう大学入ってからずっとすごいすごいすっっっっごい彼氏欲しかったんですよ。特に3-4回生のときは。女子校から久々のシャバの空気吸ってさぁ、恋愛のキラキラした部分ばっかTwitterのリア垢で見せられてさぁ。そんなの欲しいって思うに決まってんじゃん。まぁこの感じだとできないまま多分就職するけどさぁ。
焦りはほんとによくないって思った。し、今まで彼氏いなくてもやってこれたら人生なのだったらやっぱりそこまで必要じゃなくない????っていう謎の余裕は生まれつつある。まぁ資格取って働くからっていうこともあると思う。そういう意味では薬学部に来たのはほんとに大きかった。自立心の塊女子校マインド虫歯に文系一般職腰掛けOLというのは死んでも無理だった。なので今は焦りないです。
でも、色々恋愛というか彼氏作る努力みたいなのはしてよかったと思う。メイクとか、リンパマッサージとか。周りからの評価も変わったし(虫歯は喪女出身)。努力したから自分が幸せになるための目標も見えたし、毎日前に進んでるな、とは思った。虫歯は頭弱い子だから自ら経験しないと何も学べないのはこれからも変わらないので、まぁぼちぼちやっていきます。

 

・自意識過剰
いやほんま結局全ての帰結点これちゃうか、ってくらい虫歯自意識過剰なんよ。妖怪男が彼女作った時も、ぜんっぜん気付けなかったからね。告白するけど、今まで出会った全ての人間が私のこと大好きになると思って生きてる節あるからな。ほんまに。自分で自分のこと大好きすぎてほんま呆れるで。逆に自分のこと嫌いな時って徹底して世界で一番自分のこと嫌いやから、その辺の極振り具合をどうにかしていきたいです。まぁ、めちゃめちゃざっくり言うたら占い師が自分のこと占われへんのと一緒や(適当)。

 

・他人の言葉を信じすぎ(恋愛の機微にびっくりすふくらい疎い)
正確には自分が信用してしまった人間の言葉、ですかね。今回の原因は多分これが一番大きい。彼女(正確には元カノ)の方に隠されてた時色々全然気づかなかったし、「ツキアッテナイヨー」って言われたら全然信じちゃってたもんね。
虫歯は、プライベートなことで嘘と隠し事と曖昧な態度をしてて(されてて)明るい未来に辿り着いた試しがないので、他人と接する時に言外に嘘と隠し事と曖昧な態度をしたらぶっ殺すぞオーラ滲ませてるのですが、オーラくらいでは大人の世界では通じないんだなぁとひしひしと思った。そりゃうちの父親もああなるわけだ。
これはほんとにどうしたらいいか考えてるけど、やっぱ他人と接するときに嘘と隠し事は嫌いっていうスタンスをきっちり表明するしかないんだろうな。
あと恋はほんと盲目になるからそれも俯瞰して見れるようにしていきたいです。

 


☆今後の目標について
好奇心おばけこと虫歯は妖怪男の心理が結構知りたいので自分の気を確かにしながらちょいちょい聞いていきたいと思います。だって生態としてはめちゃめちゃ面白いもんね。
ちょっとほんとに人間として伸びしろがめちゃめちゃ見えてきたから俄然生きる気力湧いてきたで。
一分一秒も無駄にできない気持ちすらある。
とりあえず暫く恋愛はいいです。
なんならちょっとセフレ欲しさある。気持ち伴わない方が余程楽なのでは?ってなるよね。
私の場合恋愛を特別視しすぎてる気もしないでもないので、その辺りも含めて一度、精神を解体していきたいと思いました。恋愛以外の精神を解体したことは過去、中高時代にあるのでなんとなくやり方はわかる。色々時間かかるからどうなるかわからないけど、またここを考えたことをまとめるために使う日々が来るかもね。

 

 

 

因みに余談なのですが、今回の修羅場でめためた仲良くなった妖怪男(恋心の搾取地主と彼女自動補填男とセフレ牧場経営者のハイブリッドっぽい)の元カノと浮気相手予備軍だった2人に妖怪男ウォッチをクリスマスプレゼントしたよ!2人ともめっちゃいい子だから3人で妖怪男をバスターしていこうね♡